忍者ブログ
生き物・数学科の日々の雑記
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
(04/25)
(04/25)
(04/25)
(03/15)
(03/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
なたてし
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 数学書を読んでいる時のお話。
ある定理が載っているが、本には証明が載ってないOR概略しか書いてない!
詳細は***という元論文OR違う本を読むように書いてある。
仕方がないのでその論文にあたってみる。
…結構分量が多いぞ…その上、書いてある証明中に見慣れぬ定理OR見慣れぬ概念が。
それを理解するためにまた違う論文・本に向かう。そうすると、また見知らぬ言葉が…

この操作は有限回で終わるのだろうか…。
PR
 数学では、感覚的には明らかだけど、厳密に示そうとするとめんどくさかったり、証明が難しかったりと言った事が多々ある。逆に、見た目どう考えても明らかそうに見えつつ、病的な(もちろん重要な例も多いが)反例があったりする。あるいは、直感的には図を書いて説明できることでも、きちんと言葉で説明しようとすると大変だったり…。この前のセミナーでそれを実感。教官にツッコミされて、ボロボロになってしまった。こういうところが数学を大変にしている一つの理由なんだろう。まあ、楽しい所でもあるけど。
忍者ブログ [PR]